ゲンダイおやじ生活に勢いと潤いを!
叩き込んだ人工股関節により大腿骨にヒビ 杖が取れました 詳細はカテゴリーで
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【転載】「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言
[ロンドン 16日 ロイター] 「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理学者スティーブン・ホーキング博士(69)は、天国とは闇を恐れる人のおとぎ話にすぎないとし、死後の世界があるとの考えを否定した。16日付の英紙ガーディアンに掲載されたインタビューで述べた。

ホーキング博士は「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」と述べた。

 博士は21歳の時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という進行性の神経疾患と診断され、余命数年とされた。「自分は過去49年間にわたって若くして死ぬという可能性と共生してきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。まだまだやりたいことがある」と語った。

 また、人々はどのように生きるべきかとの問いに対し「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」と答えた。

 1988年の著書「ホーキング、宇宙を語る」で世界中に広く知らるようになった博士は、2010年の著書「The Grand Design(原題)」では宇宙の創造に神の力は必要ないとの主張を展開し、宗教界から批判を浴びている。

脚註:この記事がyahooニュースのシステムでは消えていきますので転載させていただきました。
   なおこのホーキング博士の見解は、私の考えてと全く同じです。





スポンサーサイト

シリーズ依存症(日経ビジネス オンライン)の紹介

 NBonline(日経ビジネス オンライン)に掲載されている『シリーズ依存症』、第5回で終了となってしまいましたが、もっと続けてほしいですね。ちなみに5回分のテーマは次のようになっています(執筆者はそれぞれ違います)。

シリーズ依存症 第1回 アルコール 「断酒」以外に治療法ナシ
シリーズ依存症 第2回 ニコチン依存症 “先輩”の支援が「禁煙」成功の決め手
シリーズ依存症 第3回 ギャンブル依存症 浮いたお金を軍資金につぎ込むなら病的
シリーズ依存症 第4回 ブログ・SNS 「毎日更新」は立派だけど…
シリーズ依存症 第5回 性依存症 痴漢、のぞき、「なぜあの人が…!?」


 アルコールは、私が断酒した経験がありますので話題にできるかな? ニコチン依存症は、いまだ再チャレンジの連続で、最近は半日とか1日刻みで止めたり吸い始めたりで、冷静には記事が書けません。ギャンブル依存症は30歳代で克服! 性依存症は最近問題なし!? ブログ依存はどうなのかな? 次の記事で、とりあえずアルコール依存症をテーマに書いてみようかな、どうするかな?(カテゴリーは"近所のおやじの独り言"ですね)。

 ちょっとお勉強?ということで前の記事『「空白の時間」が不安だったら要注意!』を読んでみてください。



コラム『Windows Vistaは再起動しないと不調になる』の紹介

 戸田 覚『Windows Vistaは再起動しないと不調になる』 (デジタルARENA)では、XPへのOSアップグレードでもありがちであったことが書かれています。いくつか覚えがある点や気になる点を、肯定的な部分も含めてピックアップしてみます。
 1/Vista対応のドライバの公開が遅れている、2/ソフトがVista対応としているが中身は前バージョンとほとんど変わらないことが多い、3/よく使うIE7が不調であることは致命的である。この3点から、「Vistaへのアップグレードはしばらく待ちだな」と思っています。


[以下引用です]
Windows XP、Windows 98など、過去のOSが登場したばかりの頃と比べると、安定していると言える。Windows Vistaがフリーズしておかしくなったことはほとんどない


アプリケーションと周辺機器はちょっと怪しい。ネットワーク経由で使っているレーザープリンターは印刷はできるものの、エラーが表示される。Webカメラは、Windows Vista起動時にエラーが出るが、どこが不具合なのか分からないほど、普通に使える。どちらもWindows Vista用のドライバーをきちんと入れているのに不調なのだ。


テストで最もよく利用するマシンでは、Windows Vistaが製品版になってからも再インストールを3回行っている。


ちょっと不調に感じるのが、IE7だ。一度は、全く不調になって始末に負えず、OSごと再インストールした。今のところ、きちんと動作しているのだが、たまに挙動が怪しくなる。


市販アプリケーションの対応具合もお粗末なものだ。


Windows Vista登場と時を合わせた便乗値上げ的なバージョンアップだ。


処理が重くなったWindows Vistaも、いったんパソコンを再起動すれば、ホドホド快適に動くようになる。


リカバリーして環境を再構築すれば、少しは快適になるのが分かっているのだが、どうせ手間を掛けるならWindows Vista環境に移行しようかと思案している。とはいえ、対応のドライバーが登場しないために先送り。結局、出先でも再起動しながら使っているのだ。



ニュース専用のソーシャルブックマークサービス『CoRichニュースクリップ!』

 ブロガー向けの最新情報ネタ配信サービスサイトブログクリップから『CoRichニュースクリップ!』について記事を書いてほしいという依頼がありまして、見てみましたら使えそうですのでご紹介します。


 「ソーシャルブックマーク」という聞き慣れないサービス名が付いていますが、気になったサイトをウェブブラウザの「お気に入り」や「ブックマーク」に追加するのと同じように、自分のパソコンではなくネット上に保存・公開することで、他の人と共有できる仕組みだそうです。詳しくは試してみないと分かりませんが、「お気に入り」が満杯になってしまうことが起きている現状では、頼りになりそうな気がします。


 中身を見ますと最新の人気ニュースがTOPに表示されます。表示順を人気順・新着順・更新順に切り替えることができること。ニュースは「IT・サイエンス」「娯楽・スポーツ」「政治・経済・社会」「おもしろ」「その他」のカテゴリに分かれており、見たいコンテンツに簡単に切り替えることができるのが特徴でしょうか。


 ニュースの質が問題なのですが、ニュース速報タブをクリックしますとロイター、iza(イザ!)、@IT、ITmedia、CNET Japan、ZDNet Japan、nikkansports.comといったニュースソースから配信された最新ニュースが表示されます。例えば前の記事で書きました「VistaとXPの間の文字コードの問題」については、すでにメインから外れていますので、右側の@ITをクリックしますと「ソフトウェアが無償化する理由」が表示されるはずです。ニュースが次々と更新されていきますので、表示されていないかもしれません。その中に「NewsInsight Weeky Top 10 」が出ていますが、7位が「古くて新しい文字コード問題」(2007/02/19) となっています。「Vista普及に文字コード問題あり!?」の段落に、次のような内容が書かれています。


[引用]
問題となっているのは、Windows VistaとWindows XPやWindows Server 2003での日本語フォントの違い。Windows Vistaは、2004年に改定された文字コードの「JIS X 0213:2004」、通称“JIS2004”を採用し、これまで表示できなかった漢字や旧字体が表示できるようになった。逆にそのことでWindows Vistaで入力した文字がWindows XPやWindows Server 2003で意図しない字体で表示されたり、空白文字となるなどの問題が指摘されている。


 ニュースソースを一つ一つ当たるには時間がかかりすぎますので、一括して各社の最新ニュースを見たいという方にはおすすめのサイトだと思います。



新年あけましておめでとうございます

 新ブログへの引っ越しがありまして、ずいぶん慌ただしい年末でした。『ゲンダイおやじ生活に勢いと潤いを!』をもたらすべく、今年もマイペースですが意識して暮らしていきたいと思っています。


 19歳年下の妻との生活と将来でご紹介しましたかみさんですが、人知れず"フランス語のことわざブログ"を開設してきました。ところが私のブログの引っ越しと時を合わせるようにして、更に2つのブログを突然新設しました。ずいぶん驚きましたが、以前から計画しており機会をうかがっていたとのことです。


 かみさんが運営する3つのブログを紹介させていただきます。


 皆様には今年も良い年でありますよう、新年のご挨拶申し上げます。



RankingJapan『ダメ姿ランキング』より[対男性]

 前の記事で『萎え姿ランキング』[対女性]についてあれこれ書きましたが、本音を申し上げますとビビって書きました。私の心の中には"女性に対する一種の恐怖心が根強く存在している"ことを、再読して確認しました。次の三つの言葉に、それが端的に現れています。


「女性には刃向かってはいけない」
「女性の怖さを知らないのでは?」
「女性には決してたてついてはなりませぬ」


■いきなり女性に対する自己弁護!?


 しかし"恋愛や結婚を抜きにすれば"の話ですが、私が出会う女性の多くを尊敬しています。なれ合いの男性中心社会よりは新鮮ですし、男性には持てない女性独自の視点は、尊重しなければ何事もうまく行かないと思っています。


 "女性は怖い""女性を尊重しなければ"という相反する意識の狭間にあるのは、"恋愛や結婚を抜きにすれば"というキーワードであるということになります。


 女性に対するいい訳が長くなりましたが、『萎え姿ランキング』[対女性]の場合と同じく、ランキングジャパンに掲載されている『ダメ姿ランキング』[対男性]を引用させていただきながら、書いてみようと思います。


■このランキングのコンセプト


[引用]
女性から見て幻滅してしまう男性の姿・行動は?キレイナビのユーザーにアンケート調査し、ランキングにしました!


■項目全体を見渡してみて(自己評価=自慢話?)


 自己評価に加えて、かみさんにも私の評価をしてもらいましたが、該当するものは一つもありませんでした。ということは"女性から見て幻滅してしまう男性ではない"ということになりますが、残念ながら平均寿命まであと20年あまりの56歳。アンケートに応えたと思われる20代・30代の女性から見て対象外ですね。残念!


 気になる項目に、コメントしてみます。


■「飲食店などで、店員に偉そうにする(態度がでかい)」


 人のことを上下で表現するのはいやなのですが、分かりやすくするためにやむを得ません。私の場合、"自分の目上の方には礼を尽くしますが、言いたいことがあればとことん言う"という態度を崩しません。ただし"尊敬できない目上の方については適当に話を合わせるか無視"します。いわゆる目下の方に対しては、大学教員在職当時でいいますと"感謝の気持ちと言葉"(きれい事ではなく)を忘れたことはありませんでした。守衛・掃除担当・事務方etc.、仕事の邪魔になってもお構いなしで、世間話を私から仕掛けていました。意図があってそうするのではなく、工芸・工業デザイナーというのは肉体労働を多く含みますので話が合うのです。


 "目上には頭を低く目下にはでかい態度で"という処世を大切にしている方を幾人か知っていますが、私には信じられないことです。「店員に偉そうにする」男性は、私から見ても大きなダメサインが出ます。若い女性の皆さん、避けるにこしたことはありません。


■「職場ではスーツ姿が決まっているのに、私服がイマイチ」


 これはおやじ世代でも言えることですが、男性にもいろいろ事情があるのではないでしょうか? スーツ・ワイシャツ・ネクタイ・靴にお金がかかって、私服にまで回らないとかですね。それから私服で過ごすのはせいぜいが土日祝祭日。お金と時間をかけて、いいカジュアルウェアを探すのが面倒だとか。


 私の場合は在職当時も現在も同じでして、ほとんどがスマートカジュアル姿で仕事をし、必要な場合に限りスーツやタキシード類(パーティーなど)を着るようにしています。スーツやフォーマルウェアには年齢からいいましてもほどほどのお金をかけますが、私服にもほどほどのブランド品を着ています。20代30代の方々の場合は、いかがでしょうか?


 身近にいる幾人かの職人的な若手デザイナーの場合、"作品の出来最優先"で、"身なりは二の次"になっているように思われます。しかし決めるときにスーツで決められれば、それで十分だと思ってます。


■「AV機器の配線が出来ない・パソコンに弱い」


 年齢に関係なく、今の時代に出来ないというのは問題外だと思います。リストラ優先順位一位。言い訳は利かないでしょう。


■「キーボードを叩く速度が異様に早くて、音が大きい」


 韓国の記者会見の様子をテレビで見ますと、多くの記者はノートパソコンを前にしてタッチタイプで慌ただしく直打ち(じかうち)しています。韓国の記者会見の直打ち状況が9割だとしますと、日本の場合は1割から2割程度でしょうか。「韓国の記者会見はずいぶんうるさいだろうな」と予想するのですが、最近のキーボードのタッチの音は静かですね。


 「キーボードで叩く速度が異様に早い」のはスキルの高さを表しているのではないでしょうか。「音が大きい」というのは、確かに周りの人には迷惑になるのですが、入力する方の立場に立ちますと、音があった方が調子が出るんですね。"静穏タイプでしかも叩いているという感覚が指に跳ね返ってくるようなキーボード"を探す以外にはなさそうです。


 小指がやや不自由になるまでは「キーボードを叩く速度が異様に早くて、音が大きい」に該当していました。今となっては懐かしいNECの98キーボードのタッチ音は、まるでパーカッションのようでした。


 要は"恋愛や結婚の対象"なのか"恋愛や結婚は抜き"なのか、それが問題なのでは?


  他に『萌え姿ランキング』[対女性]や『モテ姿ランキング』[対男性]もあるんですが、年齢差を感じるばかりですので、このあたりで書くのを止めることにしました。



RankingJapan『萎え姿ランキング』より[対女性]
 ランキングジャパンに掲載されている『萎え姿ランキング』[対女性]を引用させていただきながら、少し書かせていただきます。

■このランキングのコンセプト

[引用]
男性が見て興ざめしてしまう女性の姿・行動は?ランキングジャパンのユーザー1,200名にアンケート調査し、ランキングにしました!

■項目全体を見渡してみて

 各ランクの項目とコメントを見ますと、アンケート調査に応えた方々は20代・30代の方がほとんどで、"女性に対して理想像を持っていたり何かを期待している方々"と予想できます。もし40代・50代の男性がこの調査結果に絡んでいるとしたら、「女性に過度な期待をするな!」と言いたくなります。「あんたたちなんかに言われたくない!」「なら男はどうなの!」という声が、こだまのように女性から響いてくること間違いないと思われます。

 56歳の"ちょい不良おやじ"を自認している私としましては、ほとんどの項目について「許せる!」といいますか「興味・関心がない!」といいますか、どうでもいいことなんです。

 例えば第1位の「鼻からタバコの煙を出したり、くわえタバコをする」女性をよく見かけますが、「ちょっとな-」と思うことは確かにあります。でも、"すぐさま意識の外に追い出してしまう"ようにしています。長年”女性だから”と意識しないようにして来ますと、気にならなくなります。「男だってやってるじゃない!」と言われればそれまでですし、もし嫌ならタバコを吸わない女の人とお付き合いすればいいことです。他の項目を見ても男の身勝手さやお節介が目立ちますね。

 この歳になっても、「いやな感じがする」「不快に感じる」というようなことはあります。しかし”長年の修行?”の結果でしょうか、特にあれこれ言う気にはなれません。つまり"普通にそういう人がいる気配を感じる"という程度に留まっているわけです。習慣になってしまったとも言えます(苦笑)。

 "目にする女性や出会う女性に、女性として興味を示すことが少ない"という状態は、"ちょい不良おやじ"失格で、寿命が近いとも言えますね。ただ私自身が女性に対して意識が萎えてしまっている理由に、思い当たるふしはあるにはあるんです。

■私は特殊なんだろうか?

 これまで多くの恋愛をしてきましたし、いろいろな年代の女性に出会ってきました。大学の教員を長年やって来ましたので、女子大生の実態もよく知っているつもりです。退職直前には、「出来たら学生(女子大生を多く含みます)との授業などでの関わりはそろそろ勘弁してほしい」という状態でした。普通の男性の女子大生に対する意識とはまったく違うんでしょうね。ここに上げられた項目を日常的に目にしている内に、「若い女性はこういうものだ」となってしまったと思っております。ともかくも、よほどの女性でないと心は動かないようです。

 もう一つ、女性に対して不感気味になっている理由で思い当たりますのは、長年"女性には刃向かってはいけない"ということをいつも念頭において暮らしてきたことです。だからといって女性にまったく不感でもないようです。滅多に出会うことはありませんが、”人生を棒に振ってもいいかもと思う女性”に、たま~~~にお会いします。ただし、お話ししたり一緒に食事をしたりすると、こういった思いも一気に崩れ去る可能性大です。

■ほとんどの項目は"人として許容出来る"

 ほとんどの項目は"人として許容できる”範囲ということですが、「人生を棒に振ってもいいと思う女性がこうだったら幻滅するな」と思うことがあります。”言葉づかいと食事の仕方と仕草の三つ”です。

 "言葉使いが汚い"、これだけは反射的に拒否反応を示すと思います。項目にはありませんが、もう一つ反射的な拒否反応を示した経験がありますのは"食事の仕方"です。特に格式張ったマナーを要求しているわけでなく、”ナチュラルに食事する”でいいのですが、例えば"刺し身に付いているわさびをいきなり醤油皿に取って掻き回す"。これを、まあまあの和食店でやられ、早くそこを立ち去りたい気分になったことがあります。

 三つ目は"仕草"についてです。仕事の時などにてきぱき行動するのはいいとして、"急ぐ必要のないときにゆったりと行動したりしゃべったり出来ない"。これには、男女の別なく拒否反応です。

 何れにしましても56歳のおやじが言うことですから、若い人には参考にはなりませんね。

■「ありません 女性は女性というだけで、ただただ素晴らしい(女房は除く)」について

 本当はこうあるべきなのかもしれませんが「女性の怖さを知らないのでは?」という疑問が残ります。

 最後に長年の経験から学んだことを一言。「女性には決してたてついてはなりませぬ」。女性に対してあれこれ言うのは、決してしてはいけないことだということを、男性は肝に銘じるべきである、と思います。



連載『職場のモテ男になるコミュニケーション術』より

 酒井冬雪(さかい ふゆき)さん執筆の連載コラム『職場のモテ男になるコミュニケーション術』にコメントを付けようと思い、かみさんに話しましたら一言、「自慢話にならないようにね!」。言い換えれば「知ったかぶりしてはダメよ!」ということですから、厳しくも適切なアドバイスになりました。酒井さんの生まれ年が1969年、何とかみさんと一緒ではありませんか!同じ年というのは、何となく意味ありげですね。慎重にならざるを得ない心境になりました。


 これから"ちょい不良おやじ!"になるつもりはありませんので、後ろめたいところは一切ありませんし...といい訳をし始めるのが怪しいと言えば怪しいですね。「若い頃はけっこうモテたよ」という話を自慢げにしたことがありますので、それを考慮してくれたんでしょう。連載はここまで進んでいます。反省と自戒をこめて読ませていただきました。


第14回:女の子とのコミュニケーション
第13回:仕事では知り合わないタイプの女性と知り合う方法
第12回:最近の不倫について考える
第11回:「最近、急にモテたくなってしまった」ときの対処法
第10回:どんな女の子とも話せる男になる方法
第9回:女性の気持ちが分からないときの対処法
第8回:気になる女性に、上手に質問する方法
第7回:「モテる男」と「モテない男」は、どこが違う?
第6回:ウソをつかなければならないときは?
第5回:結婚できない男について
第4回:女の子から「あっ」と驚くことを言われたとき、どうする?
第3回:正しい女の子のほめ方
第2回:俺の魅力をリサーチする方法
第1回:女の子からモテる男になるための基本の基本


 熟読してみましたが、どの回も内容は分かりやすく端的で、引用し始めたらきりがないほどです。20歳代・30歳代の人がモテたい・結婚したいと思うなら、必須の事柄で充実していると見ました。もしこの連載を読んで少なからず抵抗感が出てくるとしたら、"女性とは縁遠くなる" ということでしょうか。


 56歳のバツイチ男が「これは!」と深く納得した一箇所だけ、引用させていただきます。(長文の引用失礼します)


[引用] 第5回:結婚できない男についてより
 「こういってはなんですが、彼は学生時代からわりとモテるタイプの男性でした。スポーツ万能で、アタマはよすぎるほどよいわけでもないので努力家ですし、まじめで、外見もさわやかで、お坊ちゃまだし、好感のもてる男の子です。
 ただ、女の私から見ていると(彼はなかなか結婚できないだろう)と思わせる点がいくつかあったわけです。
 たとえば、彼はどうも、いつも連れてくる彼女の趣味がよくないなぁとか。外見はキレイでおとなしそうなんだけど、芯はきつくて裏表がありそうな人ばかりを選んでくるわけです。」


 "外見はキレイ" "しかし実際はきつい" "裏表がある"、この三要素は私の女性に対するトラウマそのものでありまして、酒井冬雪さんの観察眼に敬服した次第です。"ちょい不良おやじ"になって残りの人生を謳歌することを邪魔しているわけでございます。


 【付記】
 若いうちは女性のマイナス要因がなかなか見えないと思います。しかし年を経るごとにそれが突出してくることを覚悟しておいた方がいいと思います。その時になって後悔しても後戻りはなかなか難しいです。節目は「子どもをいつつくるか?」だと思います。「子どもをつくらない」という選択肢もあります。必要なのは覚悟といいますか、見極めですね。もちろんマイナス要因が年を経るに従ってプラス要因に思えることもあるでしょう。覚悟見極めについては別の記事で書きます。



「空白の時間」が不安だったら要注意!

 ハマリぐせに効く『嗜癖する社会』(大宮冬洋)というタイトルのビジネス書紹介のページですが、紹介のコラムそのものが面白いです。キーワードは「依存症」「嗜癖」(しへき)「空白感」「空虚」「ハマる」となっています。


  日常生活を自己管理出来ない人や、する必要がある人に当てはまるキーワードだと思います。例えば、失業中の人、専業主婦でお子さんから手が離れた人、自営業をやってて時間が自由に使える人、定年退職して毎日が日曜日状態の人等々。もちろん私もその一人に入るようです。不登校で家に引きこもっている人やニートと呼ばれる人も、「空白の時間が不安」状態に陥ることがあるのではないでしょうか。


 このコラムの著者は、忙しく仕事をしている人でも、週末に予定が詰まっていても、なぜか無性に虚しくなるときがあると言っています。そして次のように怖さの行く末を説明しています。


[引用]
 「この空白感を埋めるために、人は様々なモノにハマっていく。酒や食べ物、恋愛、買い物、ギャンブル、テレビゲーム、インターネットなどなど。ハマりすぎると体を壊したり破産したり他人に迷惑をかける恐れもある。でもやめられない。シラフになって空白感と向き合うのが怖いから、何かに酔い続けていたいのだ。」


 「シラフになって空白感と向き合うのが怖いから、何かに酔い続けていたいのだ」という言葉は響きますね。


  「嗜癖」と「中毒」とは違うそうですが、「嗜癖」の行く末は「中毒」であることは間違いないと思います。「そうか! 私はいつか何かの中毒になるんだ」と思うといっそう恐くなりますが、実はこの中毒は「依存症全般の俗称」(ウィキペディアより)のことですので、あまり心配することはないようです。マニアフリークおたくの意味を含んでいるからです。もう少しまともな言い表し方をしますと、私のボキャブラリーでは専門性と呼んでもいいと思っています。


  引用が多くなりますが、もう一箇所。日経BPパスポートに登録していないと読めない段落です。(叱られるかな?)  


[引用]
 「自分の力だけで成功しなければならないという強迫観念は、他者との競争と勝利でしか自己の存在を実感できないストレスフルな状況をも作り出している。"負け組"にならないように必死に働くうちに、本当に自分が好きなものや大切にしたいものを見失い、"忙しいけれど退屈"という感覚に陥ってしまう。そして、競争の勝者は働いて勝ち続けること自体が嗜癖となり、敗者はその他の嗜癖で虚しさを紛らわすことになる。」


 結局は、自らの不完全な状態を受け入れることで初めて、回復への道を歩み始めることが出来るし、シラフでも大丈夫な自分になるための第一歩だと締めくくられています。


テーマ:心のことば - ジャンル:ライフ


ad4uトップページ



ケアプロスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。